« 2008年5月 | トップページ

2008年6月

2008年6月19日 (木)

術後1年: ようやく、一区切り

昨年の今日・6月19日は、tetsuが靱帯再建手術の為にK病院に入院した日でした。
あれから1年。
ケガをしてから、1年と2ヶ月。

"卒業"試験であった筋力測定も、今日の通院で3回目。
目標の、筋力回復度 80%以上。

先ずはリハビリ科に向かい、担当PTのI先生に会う。

『丁度1年だね。 今日は卒業でしょ!』

と、軽~くプレッシャーをかけられる…


少しアップをして、ストレッチの後にバイオデックス System3に乗る…つーか縛り付けられる。
二度あることは三度ある。
三度目の正直、でも今度こそは! 覚悟を決めてガッシガッシと屈伸を繰り返す!


… 果てた。… 


結果の印刷。評価してくれたI先生曰く。


『良かったじゃないか!
右側(健常)の脚に比べて筋力97%、持久力100%、瞬発力92%。

右側(の筋力)が少し落ちたかもしれないけど、大事なのは左側がどれだけ回復したかだ。
脚の動きを見ていたけれど、しっかり力が入っていたし問題ないようだよ!

今日で卒業だね! (主治医の)先生の診察の後、またリハに寄ってね! 』


…まぢっすか先生! オイラ頑張ったんだ!

で、主治医のU先生の診察時。触診とバイオデックスの評価結果を診て一言。

『 定期検査ももうイイでしょう。
 良かったね。また何か不都合があったらいつでもおいで 』


…ぅぉぉぉありぁとおぐぉづぁいむぁぁす!
おさーになりあしたぁ!


そして、結果報告の為にI先生に再び会いに行く。

…先生、オイラァとうとう卒業ですだ!
ありがとうございます!
本当に、お世話になりますた!


.°.(ノ∀`).°.。

固く握手を交わして散会。

と、まぁ長かった経過観察も今日で一区切りが付いた!
本当に良かった!
なんか、感慨深くって、グッと来たよ。

術後、なかなか尿がでなくってカテーテル射したりとか。
両松葉杖で病棟を、汗だくになって歩いた日とか。
リハのマットの上で、ストレッチと筋トレに費やした入院の日々とか。
歩行訓練のために歩いた、屋外半地下のスペースとか。

たったの2週間チョットしか入院してなかった病院だけど
色んな人に出会って、痛い思いして、リハに励んだ日々を思い出した。

時間をかけて、リハをすれば。
必ず回復できる。
本当の事なんだと、力一杯、体で覚え込んだ一年でした。

次はオイラが目標にしていた、スキーの功績…つーか、大それた感じだけど

何かしら、自分が好きで始めたこの趣味の世界の中に

オイラ自身がいるという、その存在を

何らかの形で示したいから、それに対して頑張りたいと思う。


ただ、スキーは既にシーズンオフな訳で。
従って他の趣味の項目について少しずつでもこのblogにあげていければ
いいかなっと。


とりあえず今日はこの辺で。


| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ