« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月15日 (金)

術後8ヶ月: さて。


主治医のU先生との問診中の雑談であったのですが。

オイラ、再腱術に使われた代用の"腱" は、怪我した左足のモモの裏側から取ってきた物なのです。
担当医のF先生曰く

"(この代用にとってきた腱は)人によっては再生するらしい"

さらに、U先生は加えて、※
"年単位ではあるが、再生するケースがある・という症例がよく報告されている"とのこと。

ものっそい初心者じみた質問で恐縮しつつ先生に聞いてみた。
なんつーか、今まで解らなかった事なのでしょうかね?


( ´∀`) 再腱術が一般的になり出したのもごく最近だしね。代用"腱"についてもあまり研究がされて
     なかったのが現実らしいよ。 ま、興味もってた学者はいたらしいけど?


( ´∀`) "解ってきた"というのはね、靱帯再断裂でも一度手術とかなる人も結構いるので、その人達の
代用になる腱を調べていた所、"元に戻ってんじゃん?" てのがよくあるらしい。

     つか、そうゆーケースでないと調べようがない (当たり前だな)
   
     でもその再生には、年単位で時間がかかる。2年とか3年とかね。

…なるほど。意外な感じですねw


( ´∀`) 人間のカラダって、スゴイんだよ。まだまだ解らない事がいっぱいあるんだ。

もう片方の靱帯もやっちゃった人とかのケースで、イザ・手術の時に(前の代用腱の手術痕を)
     診てみたら、痕が解らない位元通りになっていた…という所から解ってきた事なんだ。

     そういう背景があるから、なかなか解らないっつーのもあるんだけど。

…で、オイラの筋力は"合格ライン(80%)"に達してないンすけど、これ(健常側の筋力と怪我した側の差)って
無くなってくるモンですかね?

( ´∀`) 時間はかかるさ。
この時期で差が無くなる程に回復する人は殆どいないね。ごく希にいるけど、スポーツ選手でも
     そうそう無いかな?


2年ぐらい経つと、健常側と殆ど差が無くなってくると感じだけどね。

そっか。
なんか先生の言葉聞くと、まだがんばれる気がしてきた。いつまでもイビツな筋力では無いんだろうな。


オイラのココロのモチベーションが、5あがった。


※主治医の先生との雑談です。信憑性に関しては各人でご確認ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

術後8ヶ月: あーあ、残念

「(中略) 膠着状態をどうにかするいいチャンスだと思ったのにな☆」

と語った方がおられましたね、某ラノベに…なんてねw


本日、2回目の筋力測定でありました。PTのI先生曰く、「卒業試験!」だそうな。
目標筋力回復度、80%以上。全面的なスポーツ復帰が許可されるか否か。


正直、ここ最近週末はカゼ引いたり、それが元で持病のゼンソク発作が長引いたりで
よーするに体の調子悪くてろくすっぽジムに行ってなかったのですよ。

また、この時期になってくると回復の度合いも(感動も)鈍くなってきて、もしかしたら

このまま微妙にアンバランスな筋力で残りの人生過ごすのかいな?なんて思い始めてたのです。

かといって、力(リキ)いれて筋トレ励む程体調もスケジュールも旨く調整できなくって
ジリ貧な感じでした。

でも筋力測定はやってくる。あの憧れの忌まわしき Biodex System3で評価されちゃいますた。


結果。 ※

筋力・78%, 持久力・82%, 瞬発力・78% !

( ´Д`) 惜しかったね!


ハイ、スイマセン。言い訳いったけどサボってたオイラが悪いんです。
ごめんなさい本当にごめんなさい。これからもう少し頑張ります。

一応、2ヶ月後にまた再測定ってことで… 散会。

※Biodexの出力結果とリハ計画書は、別途スキャンしてUPします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »