« 術後18週+2日目:もっぺんMRI | トップページ | 我が家のノートPC »

2007年10月26日 (金)

笑撃の事実


昨日の通院にて、診察後にリハを受けて来た。

担当のI先生に、左右脚・筋肉の回復具合を診てもらいました結果、それはそれは笑撃の事実が。
 
 
 
 
 
まとめると… 
 
 
 
 
 
・ 術前の状態より、(ケガしてない方の)右側が、明らかに筋肉が付いている。
  これは、 無意識にケガした方をかばう為、いたしかた無い。

要するに、オイラの脚の状態は、見た目よりもいびつな状態にある!

…改めて指摘されると、ショックだったよ.・゚( ノД`)゚・.


先生曰く

a. ケガした方の脚をかばう為、無意識のウチに反対側の脚の筋肉が発達する。
b. しかしそれは一時的なモノで、いずれ(発達した反対側の方も)筋力が落ちてくる。
c. トレーニングのフォーム次第で、矯正出来る。

その後スクワット、ジョギングのフォームを確認してもらった処…

1.スクワットは僅かに右側寄り
→左側に意識を集中して、屈脚の時に上体を垂直に落とすように心がける。

やっているつもりなんだけど、なかなか出来ないんだなコレが…

2.ジョギングは少しペースを上げればビッコ引く
→ペースをゆっくり、小股で一歩一歩しっかり踏み込んで走る事。
ヒザのクッションをよく使う様に、意識する事。
   速く走る必要はない。

 ただ走るだけじゃ良くないのね…気を付けマス。

また、"ケガした方の脚に集中するあまり、逆にその側の調子を崩してしまう事がある"ので、決して左側のみ集中し過ぎる事が無いように…との事。
 
そんなかんだで、この時期(=術後4ヶ月) に出来そうな7-8割方の瞬発力でランニングとかは見送り。
もう少し左右の筋肉バランスを整えてから。

さらに、I先生からの課題として、「筋力測定前に正座が出来るようになる事」と。

 
いよいよ正座か…正直、未だ完全に曲がりきらない。どうやって曲げられるようになる?

 

( `ー´) 「お風呂やシャワー後、ヒザが暖まっている時、曲げるストレッチをしっかりしてれば、自然に曲げられるようになるよ」
 
そっか、術前にやってた様な事をまた繰り返せばいいわけだ。

間に合うかなぁ… 

|

« 術後18週+2日目:もっぺんMRI | トップページ | 我が家のノートPC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213116/16878376

この記事へのトラックバック一覧です: 笑撃の事実:

« 術後18週+2日目:もっぺんMRI | トップページ | 我が家のノートPC »