« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

ノート新調?

どぉも、tetsuです。

二日前から異常に首筋が痛い。昨日なんて少しでも首を動かせば
 
ピキ―――――――――――――(#゚∀゚)―――――ン

な程、激痛が。
もうね、ホントに動けませんでしたよ。

掛かり付けの医者:I先生にも診てもらいましたが、タダの筋肉痛らしく。骨に異常なし…
オイラ的には、首の痛みがクセになっている。
何かしらストレス溜まる事があると、つもり積もって首にクル様な感じ。

徐々に回復に向かってるので、安静にするべし自分。
 

さて、本日は仕事帰りにノートPCを注文してきた。
前回のエントリからさほど日時は経っていないモノの…思い立ったが吉日よ。
つい思い切って注文してしまった。 反省もしないし後悔もない。
 
チョイスに当たって検討したのは、
1) 軽い。2kg未満。出来れば1.5kg以下
2) おしゃれ/色が選べる。
3) 何か高そうなの
4) Core 2 Duo 入ってる?

てな調子で、BTO(受注生産方式)パソコンにてメーカー問わず調査をしてみた所、候補として残ったのが
a) Toshiba Dynabook SS/RX1
b) Fujitsu FMV LOOX-T
c) Panasonic Let's Note W7
d) Sony バイヲ たいぷT

Toshibaは、天板カラーが選べないので×。
松下は、天板カラー(ブルーベリー)はとっても好みなのだが。どことなくゴツゴツした感じが引っかかるので△。
Fujitsuは、別機種を仕事で使用している。天板カラー(ジャパンブルー)はとても好み…だけどね。

最後のヴァイヲ君は、スリムでちっちゃくて良いんだけど、天板カラーだけが好みの色がない。強いて上げれば、…?

これらから、a)が消えて残り3機種でチョイスする事にして、装備する物を同程度にした時にどんな感じになるか?
1) HDD 80GB以上
2) 光学ディスク内蔵
3) Office + パワポ
4) ワンセグ内臓 …など。
5) Core 2 Duoは、出来る限り高速
6) 青系の天板

で、各メーカの 価格シミュレーションを見た所、バイヲ君が割安な感触を得たのだった。

結局オイラのノートPC、3代目はまた^3 バイヲ君になってしまった。

ソニー信者とか、盲信しているつもりじゃないんですけど。
長年使っていると愛着もわいてくるので、早々余所のパソコンに乗り換える気がしないのです(; ̄▽ ̄)



で。

Webで直接メーカーへ注文しても良かったのですが。ちょっと待て。
現物の色はどんな感じ?
量販店から注文できね?
 

と考えて、川崎のビッ○カメラで下見がてら…ついつい購入まで踏み込んだんです。
もうね。
(注文する)中身は決まっていたので、欲しい色の確認だけして速攻で注文してしまいました。
 

ここからが大事。

オイラァ、VAIO オーナーメード(ここだけ正式名称)で注文した訳ですが
 

A. ビッ○カメラのポイント対象外である。(但し、手持ちのポイントは使用出来る)
B. 受注後の仕様変更、キャンセル、返品・返金は受け付けない。
C. クーリングオフ適用外

受注生産なので、B,C項は必然でしょう。覚悟の上で買うしかない。
先に述べた様に、”反省もしないし、後悔もない”
A項は、まぁメーカーに直接仕様を投げかけて作ってもらうので、量販店がポイント加算する意義は無いように思えます。
ただ、手元のポイントカードの点数を使って値引きが出来る事に注目!

(川崎のビッ○カメラに限っての事です。他でも同様にポイントが使えるかは解りません)

これ、Web直販では解らなかった利点でした。意外や意外。

現物の色見本も見られるし、アドバイザと相談しながら仕様を煮詰めていけるので、良い買い方かなって自負してます^^;

あとは、実際の納品が2週間から先…となってしまうのが難点ですが。まぁBTOなので、首を長くして待ってましょう。まだ痛いけどw

 
 
 

このページをご覧になった方で、今後BTOパソコンの購入を考えておられる方の参考になれば、幸いです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

我が家のノートPC

ココ最近、更新が滞っていたtetsuです。
診察のエントリに加えて、クダラン悩み事について書きますね。

オイラァ、ノートPCを愛用して早・十数年になります。
現在のノートPCは、ソニーのVAIO PCG-Z505VR/K・通称バイヲ君(ノートは3代目。ちなみにバイヲは2代目) なのですが、ハイバネからの復帰がとても遅く感じるようになりました。

デフラグしても良いのでしょうが、ハードディスクからの金属的な音が気になるので躊躇してます。

OSは、購入当初のWindows2000から SP4まで上げた。後生大事に使ってきたけど、限界を感じてます。
USBは1.1しかサポートしてない。iTunesの最新版はインスコ出来ないなど…。

ちなみに、どさくさに紛れてココなら言える。
 

初音ミクは動くけど、使い物にならない程遅い。
Windows2000、Pentium3、 800MHz/256MB メモリの マシンじゃぁ、全然ダメですぜ(#゚∀゚)
 

…ゴホン。
そんな風に長年使ってきたバイヲ君なんですが、そろそろ引退の時期かなぁって思うのです。


このバイヲ君を買ったのはいつ頃だったかしら? 
確か2000年末頃だったと思うけど…
 
当時イギリスのケンブリッジに出張中、持ち込んだ仕事用PC(先代のバイヲ君:私物)がすっ飛んだ。
会社ではまた別のノートPC使ってたんだけど、コレが又とっても遅かったので
自前のPCだったのです。
 
帰国後に新しいノートPCを買おうと、速攻で会社近所のビックカメラに買いに行ったっけ。
なるべくハイエンド・高機能で、お手ごろ価格で、適当に高速なCPUで…と、選んだのが
先述のVaio PCG-Z505VR/Kだったのだ。
ちなみに、プリインストールされたOSがWindows2000だったのには、買ってから気が付いた。
ちゃんと調べてから買うべきだったか(´・ω・`)?

先代バイヲ君に入れていたのがWin98だったので、一気にヴァージョンが1902もあがったとは…
すげえよゲイツさん。あんた漢だぜ! なーんて微塵もおもってない。

当時にしてみりゃ、満足いくマシンだったんだけどねぇ。

その2代目バイヲ君、私用でも仕事でもよく頑張ってくれました。

大きな故障歴といえば;

1) 日韓W杯の時に出張先(アメリカ)でハードディスクが故障した
2) 動作時に、余りに発熱するから一晩 "アイスノン"で冷やしたら液晶に浸水してディスプレイをおシャカにした

ぐらい。不具合はあったけど修理して何とか使ってきた。いわば、苦楽を共にしてきた愛機なのですわ。


いよいよ買え時かぁ…

今度買うのなら、ちぃさくて軽くて、おしゃれな色合いのが良いなぁと思う。
でも大体、ノートPCって黒か銀色のが多いじゃないですか。
だぁーら、あえて綺麗な色合いのモノを手にしたい。
出来れば液晶パネル背面はブルー系がいいなと思ってるけど…なかなか無いんだぁ。

 
 
 
決して、初音ミクの為だけに新調するなんて思ってませんよ。
ええ、決して。(・ω・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

笑撃の事実


昨日の通院にて、診察後にリハを受けて来た。

担当のI先生に、左右脚・筋肉の回復具合を診てもらいました結果、それはそれは笑撃の事実が。
 
 
 
 
 
まとめると… 
 
 
 
 
 
・ 術前の状態より、(ケガしてない方の)右側が、明らかに筋肉が付いている。
  これは、 無意識にケガした方をかばう為、いたしかた無い。

要するに、オイラの脚の状態は、見た目よりもいびつな状態にある!

…改めて指摘されると、ショックだったよ.・゚( ノД`)゚・.


先生曰く

a. ケガした方の脚をかばう為、無意識のウチに反対側の脚の筋肉が発達する。
b. しかしそれは一時的なモノで、いずれ(発達した反対側の方も)筋力が落ちてくる。
c. トレーニングのフォーム次第で、矯正出来る。

その後スクワット、ジョギングのフォームを確認してもらった処…

1.スクワットは僅かに右側寄り
→左側に意識を集中して、屈脚の時に上体を垂直に落とすように心がける。

やっているつもりなんだけど、なかなか出来ないんだなコレが…

2.ジョギングは少しペースを上げればビッコ引く
→ペースをゆっくり、小股で一歩一歩しっかり踏み込んで走る事。
ヒザのクッションをよく使う様に、意識する事。
   速く走る必要はない。

 ただ走るだけじゃ良くないのね…気を付けマス。

また、"ケガした方の脚に集中するあまり、逆にその側の調子を崩してしまう事がある"ので、決して左側のみ集中し過ぎる事が無いように…との事。
 
そんなかんだで、この時期(=術後4ヶ月) に出来そうな7-8割方の瞬発力でランニングとかは見送り。
もう少し左右の筋肉バランスを整えてから。

さらに、I先生からの課題として、「筋力測定前に正座が出来るようになる事」と。

 
いよいよ正座か…正直、未だ完全に曲がりきらない。どうやって曲げられるようになる?

 

( `ー´) 「お風呂やシャワー後、ヒザが暖まっている時、曲げるストレッチをしっかりしてれば、自然に曲げられるようになるよ」
 
そっか、術前にやってた様な事をまた繰り返せばいいわけだ。

間に合うかなぁ… 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

術後18週+2日目:もっぺんMRI


今日昨日は定期検診の日。診察とリハを受けて来ました。
時の経つのは早いモノで、もう術後4ヶ月を過ぎました。
ケガした方の左脚も、大腿四頭筋がなんとな~くついてきた感じがするだけで、はた見どれ程に復活してきたのか
ワカランのだけども…(後にそれは、重大な事実として解る)


ヒザの触診の結果、安定度も大丈夫の様で一安心でした。
これから、横っ飛びとかの運動が出来るようになってきたかしら? まぁ喜ばしい。
さて、前から術後のヒザの中がどんなになってるか気になるので、MRIを撮ってもらいたくて
先生に聞いてみた。

すると…
( ´Д`)  「…普通は撮らんのだけどね。大体レントゲンで確認するぐらいだけれども。」
 
…大人の事情※で、撮ると面倒らしい。サイでございますか orz
 それじゃぁしょうがないデスね?
 
 
( ´∀`)「撮しちゃいけないとはいってない。外注さんを紹介するから自分で予約してみたら?
     予約表と紹介状書いてあげるから」
    つ(U先生の署名付き予約表+連絡先)
 

:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。 先生キタワァ

  
(;´∀`)「プロスポーツ選手とか、自分でどうしても確認しておきたいって言う人はいっぱい居るんですよ。
     (MRIの)写真持ってきたら詳細を説明してあげるよ。来月は診察前に筋力測定やりましょ。
     でわまた、一ヶ月間リハ頑張ってね」

………………先生、有り難うございます!

丁重にお礼を言って診察室を後に。いやぁ…言ってみるモンだなぁ。

というわけで、来月MRIを撮る事になった。  
 
 

※大人の事情

首都圏近傍の某所では、某公的機関の査察がキビシイらしい。
診療検査項目に関して結構やり玉に挙がっており、治療上必要のない事は保険適用外にされる様です。詳細はよく解りませんが…
当該機関に関しては、色々とU先生もお怒りの様でした。

そうは言っても、MRI自体撮る事に問題は無いので、U先生が気を利かせて院外の外注さんを紹介してくれたと言う事です。
日本で指折りの(靭帯再建術)実績を誇る病院だけあって、色んなケースについて対処してきたんだろうなと思います。
オイラみたいにワガママ言う患者さんの扱いにも、慣れているのかも?

何はともあれ、U先生の気遣いに感謝・感謝ですm(_)m
 
まぁ、オイラみたいに興味本位でMRI撮ろうモンなら、全額自費覚悟か、それなりに面倒らしい。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

術後17週+1日目:ラウンジが出来ない!

時の経つのは早いモンで、術後17週目に突入しますた。

時間だけは経つモノの、我が脚の左右筋肉バランスは歪な感じであります。

今日もまたジムにて、スタジオプログラム:マッスルビートに参加してきた訳ですが…

 
 
 
 

ラウンジ・スクワットが巧く出来ない…。・゚・(ノД`)・゚・。

 
 
 
 
 
 
ヒザ曲げるのが怖いだけかもしれんけど、つか、しっかり状態を垂直に沈みこめないんdeath!

。・゚・(ノД`)・゚・。

ウェイト20ポンド(=約9kg) +バー1kgの、計10kgバーベルを担いだ状態で、前後に脚を広げて
垂直に状態を上げ下げするスクワットなんですが。
コレを音楽に合わせてしっかりやってくるのです。

後ろ側にある脚は、ふくらはぎの部分を。前にある脚は四頭筋。そして両脚の内転筋を鍛えられるとはいえ
 
 
 

以前の様にはいかないよぉ。・゚・(ノД`)・゚・。


全プログラム(5-6種目ぐらいの筋トレ) に比べたら、ラウンジに当てられた時間は5分ぐらいとはいえ
そのたったの5分ですら、巧く出来ないんです!

自分でダンベル担いでやるラウンジなら、あぁそこそこ出来るんだろうけど…それは精々10kgダンベルを左右に持って、休み休みやるからなぁ。

それでも今日のデキは最悪・グダグダ。もう何か落ち込んじゃう…

ぜってぇ鍛えて、元通りに出来る様になってみせる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

陰謀の理論?

1週間前より続いてる風邪のせいで、どうも身体がだるい。
せっかくの日曜日が殆どウチを出ること無くスゴしてしまったです。

そんなオイラァ、今日はTVとDVDを観て過ごしますた。

そのDVDは、10年程前に観た映画ー"陰謀のセオリー" (Conspiracy Theory)なんですが、オイラ的にはお気に入りの作品です。

「パラノイア的な陰謀マニアである、ニューヨークのタクシー運転手のジェリー・フレッチャー。
お客を相手に独自の陰謀論を語る毎日だが、過去の記憶がない。
記憶に有るのは断片的な映像と言葉だけ。
そして居住するアパートには、鍵を何重にも掛けて帰宅する際にも非常階段を伝って帰る程。
"何かから避けている様な" そんな生活。

彼の心の支えは、司法省に勤めるアリス・サットン。しかし彼には彼女を何かから守らなければ
いけないと言う、使命感があった。
そして彼は、自分を追っている正体不明の人物に拉致され、過去の記憶を探られようとする…
彼は一体、何物なのか? 彼の持つ陰謀論は、本当のことなのか?」


…なーんて、適当に自分なりにあらすじを書いて見たつもりですが、解りにくくてすみませんorz

この映画のキーワードとして、マインド・コントロール研究というのがあります。
いわゆる"洗脳"という物ですが、広い意味では"人を意のままに操る"という研究の事です。
米国の諜報機関CIAが過去に行っていた基礎研究で、"MKウルトラ計画"というのがあり、映画の中でも
一つのキーワードとして紹介されています。

MKウルトラの件は、真偽は定かでは無いのですが…
1975年まで、CIAによって50年代より組織的に研究され、73年まで続いていた物とされています。

英語wikipedia MKULTRAの項

日本語の解説サイトもありました。
MKウルトラ

過去に、落合信彦の書籍でMKウルトラについて書かれたドキュメントを読んだことがあります。
ソースが同じかも知れませんので、此方もまた真偽は解りません。

(信じているという意味ではないですよ。あくまでも真偽不明として、上げたまでです)

ただ、オイラ的に考えると、例えば人物のインタビューなどでおだて上げたり、ワザと怒らせてみたりして
本音を語らせるなどといった、話術による物
例えば、尋問などのケースで薬剤投与によって、自白させたり。或いはキビシイ尋問や脅迫で心理的に追い込んでしまうとか。
極端にいえば、催眠術とかで意のままに操られてしまうとか。
または環境や与える情報を操作する事で、無意識に行動パターンを決められてしまうとか?

逆らえない上司とか、反対できないような状況って有るじゃないですか?

心理学としても、そう言った人を操る理論(悪い意味じゃなくて)も研究がなされている訳です。

もし自分が、自分の意志で何かを行っていて、その行動がもし自分の本当の意図することでは
ないとしたら?

つか、自分としては正しい事をしていたつもりでも、関係ない第三者から見たら、それは奇妙な
事だったり? 
あるいは、誰かの管理下にあって利用されていた、仕組まれたことだったとしたら?

先のWBC世界フライ級タイトルマッチ:内藤x亀田戦ではないですが、何か自分たちの気付かない世界で、
欺瞞と陰謀に満ちたシナリオが巧妙に仕掛けられていて。
その表側の世界だけしか知らされておらず、何か見えない力によって自分らが動かされているとしたら?

陰謀論が全てではないですが、ある事象のウラにあるもう一つの側面から、その事象を分析すると言うことも
また重要なことかなと思っております。
一度マインド・コントロール下にあると、その観点から事象を観察すれば"管理された回答しか"得られなくなってしまいます。やはり物事は多面的に分析する事は重要かと思いますね。

もしかしたら、人は心理的に不安定になったとき、ある見えない事象の方に向かって意識を集中することで
その心の安定を保とうとするのかも知れません

その見えない事象というのが、いわゆる陰謀説なのかも。

もし、その意識集中さえも、ある"見えざる力"によって管理下にあるとしたら?…

夜も眠れなくなってしまいそう。


話が著しく飛躍しました。
映画とは全然かけ離れた文書になってしまいました …orz

でもオイラ、ジュリア・ロバーツは今もお気に入りの女優さんなのです。ハイ。
まぁ、今日はゆっくり休むことができますた。

明日からまたお仕事とジムに行って、リハを続けていきますです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

雑記

初雪や ゲレンデ恋し ヒザのケガ
早く治れと 今日もトレッドミル
字余り…〆(゚▽゚ *)

昨日に引き続き、今日もまたジムにてトレッドミルで連続ジョギングにチャレンジしますた。
さりげに20分とか走ってみたりして…それなりにジョギング出来る様に回復してきたじゃん、自分!

で、トレッドミルの前面にあるTVモニターで報ステを観ていたら、北海道では明日・初雪かも?
ああ、もうすぐ冬がやってくる!

なんかこう、モチベーションが10ポイントぐらい上がった気がします。

そういえば、今日はこんなニュースがありますた。

--------引用ここから--------

内藤タイトル初防衛、大毅に圧勝

http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20071011it15.htm

4ラウンド、亀田大毅(右)を攻める内藤

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦(11日・有明コロシアム)――王者内藤大助(33)(宮田)が、亀田3兄弟の二男で同級14位の亀田大毅(18)(協栄)を終始圧倒し、3―0の判定で下した。

 内藤は初防衛。最終回は挑戦者が反則行為で3点減点となり、王者が勝利した。

 内藤は日本人選手の最年長防衛記録。亀田大はプロ11戦目で初黒星で、日本人最年少の世界王座獲得はならなかった。(観衆6000人)
(2007年10月11日22時48分 読売新聞)

--------引用ここまで--------

WBCフライ級タイトルマッチは、録画するの"プチーン" と忘れてた。
本当はガチで観たかった。後悔先に立たず。

でも、内藤選手が亀田2号に勝って、本当に良かった。 
おめでとう御座います、内藤選手 (´∀`)ノシ

"自分に出来る事を着実に"
地道に調整してきたチャンプの防衛に、心から拍手を送りたいと思います。

オイラも見習わなくっちゃなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月11日 (木)

術後16週目:小さな成果

どうも、tetsuです。
ここの所すっかり更新をサボってしまいました。

さて、オイラの左ヒザも術後16週目に入り、段々としっかりしてきたのんかな~?と感じ始めています。
でも前回エントリでズッコケてるんだけど…( ̄▽ ̄);

今日はジムにて、トレッドミル 9km/hジョギング走行、15分以上を2本、走る事に挑戦しますた。

出来るかな?と不安ではあったけど、1本目は何なとこなせた!18分程走る事が出来た!
2本目を行う前に、ジム内のスタジオプログラムに出た物だから、間が小一時間程空いてしまった。

その2本目は、8km/hに抑えて15分。キッチリ走る事が出来た!

たった15分!
たったの、15分! コレだけ! この時間を走れる様になるまで、どれだけ回復に時間を掛けてきた事か!
こつこつリハを続けていけば、出来るんだな!

走っている時の呼吸でとってしまう"リズム" 感も、何となく甦ってきた。

元々は、オイラァ有酸素系の運動でもトレッドミルとかは余りやらない方だったが、それでもまた走れる用になってきた事が、嬉しいッス!

此の15分以上のジョギングをこなせる様になってきたら、短ダッシュや反復横跳びの練習とかさせられる事になるだろうな。(K病院・I先生曰く)

でもですね。まだステップタッチ(軽~く横にステップを踏む動作)でも 左側にはちょっとだけ痛みを感じるのよ。
つか、スキーなんて反復横跳びの連続みたいなもんじゃんか。
反復横跳び出来る様にならなきゃ、またゲレンデに遊びに行けねーがな自分ヽ(`Д´)/

悲しいかな、まだまだ先は長い。
今週いっぱい…来週の頭ぐらいまでは15分ジョギングをしっかりこなす事にしよう…っと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

事件発生:その煮

その後、結局 F先生に診てもらった…
 
(触診で左ヒザをコキコキ…靭帯の様子を確認中…)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
( ´∀`) < うん。ちゃんとついてますよ。 良かったですね。
 
本っっっっっっっっっっ当にヨカッタ!(;´Д`)=3
 
 
キレてないっすよ。
全っ然きれてないっすよ。

もうね、また手術なんてカンベンしてくださいよ。


そんな風に安心した瞬間から、ものっそい眠気(※)が…いやホントに安心したよ。

靭帯再断裂のリスクは、日常生活では常にあるモンだと改めて思いましたよ。
油断大敵。
これからは精々気を付けましょう。
 
 
 
 
 
 
 

診察の前日、9/30の晩は、心配で心配で眠れなかった。
決して、デ・ニーロのタクシードライバーと300のDVDを立て続けに観て寝不足だからではないと思う…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事件発生

先週金曜日(9/28)の夜、その事件はおきますた。

夜中にお手洗いへ行き、寝床に戻って来たその時!

足元に転がってたメリタのコーヒードリッパを踏んずぶして、"あ痛!"と感じた瞬間、左ヒザにやや体重が乗った状態で強く曲げてしまって
そのまま転倒。
ヤバイ!

幸いにも、転がった先は布団だった!

…――――――――ヾ(`Д´)ノシ――――――――!!

しばしうめき声を出してうずくまってたよ。
たまたま、冷凍庫に冷やしてたアイスバッグがあったので、スーパー速攻冷やしたよ。

一夜あけて、まぁ普通に歩いていた訳だが。
ナンとも言えない違和感を、ヒザに感じるだよ。

…てな訳で本日、急遽K病院外来へ。現在診察待ちです。
アポ無しなので暫く待たされそう……。

オイラのヒザ、無事でありますように…(´人`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »