« そして今日?は | トップページ | 術後6週間:装具はまだ外せない »

2007年8月 2日 (木)

昭和の光


--------引用ここから--------

作詞家の阿久悠さんが死去 - 国内 8月1日(水)15時54分~20時45分


「北の宿から」など作詞家の阿久悠さんが死去
  5000以上の曲を作詞した“20世紀最大の作詞家”阿久悠(本名・深田公之)さんが1日午前5時29分、尿管がんのため死去した。70歳。兵庫県出身。ピンク・レディーの「UFO」、「サウスポー」、都はるみの「北の宿から」などポップス、演歌、アニメなど幅広く活躍し、数え切れないほどのヒット曲を連発。昭和歌謡史そのものといってもいいほど存在だった。(スポーツ報知)

http://backnumber.dailynews.yahoo.co.jp/?m=m20070801-029&e=obituary

--------引用ここまで--------

オイラがガキんちょの頃に聞いていた当時の歌謡曲の作詞者って、概ね阿久悠さんだったんだね。
5000曲以上作詞って…凄すぎる。
昭和の歌謡曲は、今聴いても結構行けてると思うのはオイラだけではないと思う。
そんな光り輝いた一時代を築いた、作詞家だったんですよね…本当に残念です。安らかに御休みください。


津軽海峡に降り立ったUFO、中から透明人間とモンスターがブーツをぬいで朝食を。
それを見ていたサムライは、北の宿からねらい打ち。

勝手にしやがれと捨てぜりふの、憎みきれないろくでなしは青春時代の想い出だった…
ああ、ふり向くなキミは美しい…なんてね。

阿久悠さんと聞くと、どうしても沢田研二を想像してしまうオイラは結構なトシであったりする。
そう言えば、彼は宇宙戦艦ヤマトの主題歌も作詞していたんでしたね…改めてスゴイ人だったんだなぁ。

|

« そして今日?は | トップページ | 術後6週間:装具はまだ外せない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213116/15979588

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の光:

« そして今日?は | トップページ | 術後6週間:装具はまだ外せない »