« 佐世保にて | トップページ | ちゃんぽん »

2007年8月16日 (木)

昭和の遺産

今回の旅メインコースである、"軍艦島クルージング"~遊覧船で見物してきました。

"本日、天候晴朗なれど波高し" とまで行かない物の、やや荒れ模様の海ではありました。
そんな長崎港を出港し、造船工場やダウンタウンの街並みを左右に見て女神大橋をくぐり、
長崎半島の先にある端島=軍艦島を目指します。

最初に右手に見えたのは三菱重工長崎造船所・立神工場。かつては戦艦大和の姉妹艦
"武蔵"を建造していたそのドック横には、海自のイージス艦"こんごう"と、新しく建造中の
イージスが停泊していました。(DDG-178 "あしがら"? 詳細解らず)
Ddg_aegis 
 
 
 
 
 
  

まもなく見えたのは、"100万トンドック"こと、やはり三菱重工の造船所。クレーンつの牽引力は何と600トン。
Million_tons_dock 
 
 
 
船とか重工業に思い入れが有る訳じゃないですが、名実共に世界屈指の造船所を持ち、
世界最大級の船をホントにこさえてしまう日本の工業技術って、スゴイじゃないですか。

 
 
出航から小一時間もしない内に、正面に見えてきたのは巨大な建造物…これが、今回の旅の目的。

軍艦島

Battleship_island
 
 
 
 
 

ウェブで検索したり、写真集で見るだけでは決して解らない。かつて繁栄していた証である"遺跡"が、
ついに自分の目で見る事が出来ました。

高島町端島。俗称、軍艦島。

軍艦とは呼ぶ物の、そこは学校も病院も、映画館もパチンコ屋もあった、炭坑の街だった。
日本の経済成長を影で支えてきた、その島に想う事…

人が住まなくなって三十余年。その歳月は容赦なく建物を風化させていき、今は廃墟ではありますが。
もしオイラの故郷が此処だったら…、たまらない気持ちになりました。

現在の軍艦島は立ち入り禁止で、外洋から眺めるだけでしか有りませんが…。
初めは西側より。そして船を転回して東側に周り、おおむね180度の周囲を隈無く見物出来たのです。

遊覧は、およそ30分にも満たなかったでしょうか。それでもすごく貴重な体験が出来ました。
 
 
 
 
 
※このページにある画像について:念のため

著作権はtetsuが保有します。
ダウンロード・HPへの転載など自由にお使い下さい。
HP等への利用については、無断でも構いませんがtetsuへ御一報いただければ嬉しいですヽ(´ω`)ノ ☆

営利目的での利用は硬くお断りします。

|

« 佐世保にて | トップページ | ちゃんぽん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213116/16138933

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の遺産 :

« 佐世保にて | トップページ | ちゃんぽん »