« 僅かな変化 | トップページ | 一夜明けて »

2007年7月29日 (日)

決戦の日

こないだ、電車の中からホームを観た時、"未来革命 はじめの一票" というポスターが見えた。
たしか自由が丘の駅だったとおもいます。

子供の書いた絵だったのだけど、キャッチコピーがものっそい良く出来ていたので、気に入りました。

今日は、参議院議員選挙です。
オイラァ朝一番に投票所へ行って来ますた。ヽ( ゚∀゚)ノロ

選挙に言っても何も変わらない、何てこたぁないです。
その一票がつもりつもって、民主政治が成り立っていくんです。
子供ながら、原則を的確に捉えたコピーは秀逸ですね。

さて、特定の政党を応援したり、揶揄したりすると選挙法に抵触するので多くは語りません。
個人的に思うに、今の年金問題は現政権に全責任を押しつける様な風潮はまずいと思いますし、
しかし現政権が目に見える様な解決策を採っているか?というと、疑問です。

それこそ超党派で、且つ短期間に一気に解決すべき問題と思います。
それが、現政権で直ぐ出来るのか?と言われれば それもまた難しいのですが。

ただ、今週こんなニュースもありました。

--------引用ここから--------
ANN NEWS 7/26配信

政治的意図感じさせる」年金名寄せ作業、未着手

宙に浮いた年金記録問題で、実際の名寄せ作業がまったく手つかずになっていることが、年金業務の監視委員会の視察で分かりました。メンバーは「政治的意図を感じさせる」と強く批判しています。

 年金監視委員会・葛西敬之委員長:「これだけ大きな問題の対処の姿勢としては、非常に不自然で怠慢であると感じた。ポリティカル(政治的)な意図があるのかどうかということを感じさせる対応だった」
 視察したメンバーは、社会保険庁から「まだ指示がないため、何もしていない」、「実際の作業は来月半ばごろから始まる」と説明を受けました。メンバーは、「来年3月までに5000万件の名寄せ作業を終わらせる」という安倍総理大臣が発表した対応策の実現性に疑問を投げかけています。

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/poli_news8.html?now=20070729085502

--------引用ここまで--------

ヒザのケガ:入院費・装具代を高額医療助成金で還付してもらおうとして、申請したのも社保庁ですが
これはコレで別問題です。

やるきないだろ社保庁。

もっとも社保庁の労組と言えば…!? ですので、政治的意図があるとみられても仕方ないでしょうね。
その真偽はべつにしても・ですが、先に述べた様に現政権だけに問題を押しつける様な政党は、
オイラァ信用出来ないとおもってます。

じゃぁアンタ何処に投票したの?と言われれば、…エヘン。取りあえず投票締め切り後に、ということで。

言いたい事が少しぼやけてしまいましたが、要は”選挙日”と言う事で。みなさん投票所へ行きましょう。

|

« 僅かな変化 | トップページ | 一夜明けて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213116/15934321

この記事へのトラックバック一覧です: 決戦の日:

« 僅かな変化 | トップページ | 一夜明けて »