« 術後4日目(2) クォータースクワット | トップページ | 術後5日目(1) 曲がり過ぎに御注意 »

2007年6月25日 (月)

桑田選手のこと

2日前の記事ですが、記録に残そうと思いアップします。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/mlb/column/200706/at00013656.html

--------引用ここから--------
桑田とイチローの邂逅
木本大志の『ICHIRO STYLE 2007』 VOL.6
2007年06月23日
(木本大志)



メジャーで初対戦を果たした桑田(左)とイチロー【 写真は共同 】

わずか4球のやり取りで認め合った2人

 19日(現地時間)の試合後、試合終了と同時にダッグアウトを出て、チームメートを迎えたパイレーツの桑田真澄。ダッグアウトに下がるときには、誰もいないグラウンドに向かって帽子を取った。

 いい光景だな、と思う。こちらの選手には決してない習慣だ。練習後には、スタンドに向かってペンを走らせる。サインをねだった中には日本人の年配の方もいたが、子供のようにほおを緩めていたのが印象的だった。

 マリナーズvs.パイレーツ3連戦で、桑田とイチローの対戦は1度だけ。だが、わずか4球のやり取りから、互いが認め合った。日本ではさほど接点がないはずだが、2人が語った言葉を拾えば、その共通した思いが浮かび上がる。
 19日、桑田真澄が登板したとき、イチローはネクストバッターズサークルにいた。そのときに受けた桑田の印象について、「すごく力が抜けている感じがいい」。
 一方の桑田も21日、イチローの印象をこう口にした。
「走攻守見てても、力みがないでしょ。さらっと水のようにしなやかだけど、力が伝わっているっていうか……」

 言っていることは同じ。だからこそ桑田は、最後にこんな言葉を付け加えた。
「求めてるものは、同じかも」
イチローが共感を覚えた桑田の変化

 イチローは実際に対戦した中から、こんな桑田の変化も感じ取っていた。
「95年に初めて対戦したんですけど、そのときの印象とはもちろん違いますし、あのときは、(桑田は)MVPの翌年だったかな。オープン戦でしたけど。ようは、昔の自分じゃないことを受け入れられている感じがしますよね。ボール球で勝負することを……」

 誰にも訪れる老い。

 ロジャー・クレメンスのようなまれな投手は別として、豪腕投手もやがて、変化球投手となってキャリアの延命を図る。桑田はさらにその先――例えば、グレッグ・マダックスのように、打者にボール球を振らせる技術を手にして、メジャー生き残りを懸ける。

 桑田は昨日(21日)、「相手(フェリックス・ヘルナンデス)の一番遅い球が、僕の一番速い球」と苦笑したが、そうしたことを含めて今の自分を受け入れている姿勢にこそ、イチローは共感を覚えたのだった。

 イチローは話す。
「それは中々、できることじゃない」

「投手」より「人間」として……

 結局は、野球が好きだから、長く続けるにはどうしたらいいか。その問いに、39歳のルーキーは答えを出した。自分はその問いに答えられるだろうか? イチローはどこかで、将来の自分を桑田に重ね合わせたのかもしれない。

[後半略]

--------引用ここまで--------

オイラは余り野球は好きでは無いですが、桑田さんの野球に対する凄く真摯な姿勢と、そのような生き方を尊敬してます。

ピッチャーとして致命的とも言えそうな、利き腕の肘靱帯断裂を手術とリハビリで克服し、更に上述の右足首副靱帯断裂も克服して第一線で活躍している。
ざらに出来る様な事ではないと思います。

正直、オイラもジムに通い始めてもうすぐ5年になりますが、当時の体力からは大分落ちてきていることを肌で感じています。いいかげんトシだから ^^);;;;
この記者の通り、問題はこのような身体の衰えを、人はなかなか受け入れることが出来ないものです。オイラもまた、その1人です。
桑田さんはその中でも、ではどうしたら大好きな野球と付き合っていけるのか、その中で自分はどの様なスタイルにすればいいか? 
身を以て手本を示してくれている様に思え、野球選手と言う枠だけでなく、スポーツマンとしての素晴らしい志を持った人です。
オイラはとうてい足元にも及ばないですが、彼の生き方は真似たいですね。

|

« 術後4日目(2) クォータースクワット | トップページ | 術後5日目(1) 曲がり過ぎに御注意 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213116/15555841

この記事へのトラックバック一覧です: 桑田選手のこと:

» 桑田真澄の「寿司ボール」って? [Dayly Knewer]
桑田真澄の「寿司ボール」って?●桑田のスローカーブを地元紙が絶賛。「寿司ボール」と命名を提案。ピッツバーグの地元紙「ピッツバーグ・ポスト・ガゼッテ」紙の電子版は26日付けで、中継ぎで活躍中の桑田真澄投手についての長文記事を掲載した。「桑田の“寿司ボール”は新鮮... [続きを読む]

受信: 2007年6月27日 (水) 06時19分

« 術後4日目(2) クォータースクワット | トップページ | 術後5日目(1) 曲がり過ぎに御注意 »