« タイトル | トップページ | バランスボール »

2007年6月 2日 (土)

レッツ筋トレ

相変わらず、不定期更新のtetsuです ^^);

ケガ発生より早2ヶ月。当時の様な酷い痛みは殆ど無く、まるで普通に歩ける様になってきました。
当の本人は、歩く時-特に右足を前に出す時-に、左足が伸びきる時に何となくぎこちなさを感じる訳です。

昨日の話です。
オイラの通うジムには、スタジオ・プログラムでマッスル何とかと言うのがありまして。
(あえて伏せておきますね)
以前のエントリでも軽く解説したかも知れませんが、45分間音楽に合わせて筋力トレーニングを行う物です。
このプログラム、時間帯によって30分か45分のクラスとなりまして、大体次のような流れになってます。

0) ステップ台とバーベルを、各自準備する。
1) 音楽に合わせて、ステップ台を使い準備体操。 軽くステップとか。
2) バーベル担いで、音楽に合わせてスクワット
3) ステップ台に仰向けに横になり、音楽に合わせてベンチプレス
4) 再び立ち上がり、 音楽に合わせてデッドリフト、アームカールなど。
5) これ以降、担当アニメータ(インストラクターともいう)の好み?で時間まで適度に何種目か行う。

このプログラム、筋トレがメインでその回数カウントの際に全員で声を張り上げてガンガンやるっていう性質なので、
すっごく気に入ってるんです。ストレス発散にもなるし。

ケガ以来2ヶ月。ジムへ再度足を運び始めて早一ヶ月。

そのプログラムがやっている最中、参加したくってうずうずしていた ε=(゚∀゚;)ムッハー
でもヒザの状態も心配だし…オイラのケガした左足筋力からしたら、スクワットはちょいと無理かなと思ったが…

悩んでいてもしょうがない。
無謀でもやってみるかと意気込んで、45分間のクラスに参加してみましたw 。 (だって手術したら、また当分出来ないモンね)
当然、テーピングとサポーターで左ヒザは完全防御。

結果は…もうね、ふらふらw ヽ(゚∀゚)ノアヒャヒャヒャヒャ

ケガが悪化しなかっただけ良かったかな。流石に2ヶ月のブランクはキツいっす。

一番気にしていたのは、スクワットまでの流れだったンですが。まぁバーベルのウェイトを以前より大分軽くして
ヒザへの負担を抑えようとしてたのです。いわゆるサボり、っとも言いますが。

そうは言っても、やはりスタミナは随分下がってしまった。

- - - - - - - - - - - -
ちょっと話はそれますが、筋肉を鍛える時は大きい筋肉から行っていくのが基本のようです。
スクワットは足の部分:大腿筋を主に鍛える物ですがそのバリエーションも色々です。

a) 足を肩幅に開いた、ノーマルスタンス:主に太股前側の筋肉を使う
b) 足を肩幅以上に開いた、ワイドスタンス:主に太股内側の筋肉
c) 足を前後に開いて、ラウンジ・スクワット:大腿筋と、ふくらはぎに効いてくる。
d) 足を左右に開いて、伸脚するように行うサイド・ラウンジ:太股内側と、ふくらはぎかな?

いずれのスクワットでも、コツは上体を真直ぐ下ろす様に、呼吸を止めずに行う。
ノーマル/ワイドスタンスの場合、背中を曲げずにかかとで踏ん張り、お尻を後ろに突き出すようにして、下ろす。
(図柄がないと解りにくい鴨。 今度絵柄を用意するようにしますです)

運動強度としては、どれも似たような物かな? ラウンジの場合は、ヒザへかかる負荷が大きいので注意しないといけない。
オイラの場合は、正直オススメされない。
- - - - - - - - - - - -

その昨日のプログラムの場合は、c)のラウンジ・スクワット。しかも片足はステップ台に乗せて行う。
いやぁ、ケガ悪化したらシャレにならんなと。慎重にやっていてもやっぱ怖かった。

もう無茶は辞めよう。

手術まで余り間もないし、そう何回もマッスルにはでられないしなぁ…あと2回以上は参加したいな。
(オイラ、やっぱ懲りてないのかバカなのか ^^)

|

« タイトル | トップページ | バランスボール »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213116/15294421

この記事へのトラックバック一覧です: レッツ筋トレ:

« タイトル | トップページ | バランスボール »