« 入院当日 | トップページ | 手術当日1: 現場中継~当日の朝~ »

2007年6月19日 (火)

BIODEX

6_19_ohiru

6/19 お昼ご飯の写真(深い意味はない)

食事して、ひと休みした所で院内の床屋さんへ。短く切ってさっぱりしたぁ( ´∀`) !

散髪中に床屋のマスターとの雑談で知ったのですが、ココの整形の医師は某Jリーグチームの専属ドクターらしい。スポーツ整形にはJリーガーも勿論、お相撲さんも来るらしい。
(サッカーから相撲まで…別に深い意味はない)

…で。午後2時より筋力測定。何するのかと思いきや、術前にヒザの前後ずれ具合と、脚の曲げ伸ばしの筋力を測定する。

すねの部分に当て具をつけて、PTの先生が押したり引いたり。その力の加減と、膝下の移動量をグラフ化して見せてもらった。
これは解りやすいw

右ヒザに比べて、左ヒザの動きが大きい。
PTの先生曰く、前十字靱帯というのは、膝の前への動きを制限する為の靱帯なので、もしその靱帯が損傷すると膝が前にずれやすくなる。
このグラフを、術前、術後にかけて定期的に測定して回復を評価していく…んだが、
こういったデータはもらえるのかな?

そして筋力測定。

バイオデックスなる機械なんですが、これはどっかで見た様な…? よくTVでスポーツ選手らがリハビリにて
イスに縛り付けられた状態で、片足の曲げ伸ばしを行う時につかう機械です。

↓こんなヤツですが、オイラが検査受けた機械はちょと古いタイプの物だった。
BIODEX System 3

(その手の機械の一般名称かと思ったら、企業名でした。de facto standardってやつですね)

大・中・小の負荷をかけ、膝の力で "出来る限り早く蹴り上げて、戻す" 運動を何回かやる のですが。これはこれで面白い。
大の負荷で5回、中の負荷で10回、小の負荷で5回。コレを左右1セットずつ。途中30秒ぐらいの休憩と、2・3回の練習付き。

そして負荷に対する筋力の、左右それぞれの結果を比較評価していく、らしい。

オイラのデータ:2007/6/19 測定では、左足筋力は右の65% だそうだ。

PTのI先生曰く、"まあまあ、だね"

オイラ自身、もっと悪いと思っていたのだが…こいつが何処まで回復するか!? これからが正念場じゃぁ。
でも術後はしばらく動かせないだろうから、また筋力落ちちゃうんだろうなぁ orz

…明日は午後より、いよいよ手術。オイラはブログが更新できるか!?

|

« 入院当日 | トップページ | 手術当日1: 現場中継~当日の朝~ »

ケガの事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213116/15492509

この記事へのトラックバック一覧です: BIODEX:

« 入院当日 | トップページ | 手術当日1: 現場中継~当日の朝~ »