術後10ヶ月:いまだ卒業せず

肋骨にヒビ、そして心にもヒビが入ったオイラが久々に更新しますです。

ええ、実は今日、筋力再測定の検診だったのです。ハイ。

肋骨ケガの回復具合があまりよろしくないのと、ココ1月ぐらい本当に運動せず休んでいた為に
すっかり体力も落ちてしまったのです。
そのツケは、確かに来ました。

筋力測定結果:絶対筋力75%  …

これはダメかもしれないねって思っていましたけど、やっぱりダメでしたorz

今度は再々測定、しかも丁度・術後1年の日にやる。
次回こそ卒業の為にもチョットだけ頑張って筋トレに励みますです。


| | コメント (31) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

術後1年: ようやく、一区切り

昨年の今日・6月19日は、tetsuが靱帯再建手術の為にK病院に入院した日でした。
あれから1年。
ケガをしてから、1年と2ヶ月。

"卒業"試験であった筋力測定も、今日の通院で3回目。
目標の、筋力回復度 80%以上。

先ずはリハビリ科に向かい、担当PTのI先生に会う。

『丁度1年だね。 今日は卒業でしょ!』

と、軽~くプレッシャーをかけられる…


少しアップをして、ストレッチの後にバイオデックス System3に乗る…つーか縛り付けられる。
二度あることは三度ある。
三度目の正直、でも今度こそは! 覚悟を決めてガッシガッシと屈伸を繰り返す!


… 果てた。… 


結果の印刷。評価してくれたI先生曰く。


『良かったじゃないか!
右側(健常)の脚に比べて筋力97%、持久力100%、瞬発力92%。

右側(の筋力)が少し落ちたかもしれないけど、大事なのは左側がどれだけ回復したかだ。
脚の動きを見ていたけれど、しっかり力が入っていたし問題ないようだよ!

今日で卒業だね! (主治医の)先生の診察の後、またリハに寄ってね! 』


…まぢっすか先生! オイラ頑張ったんだ!

で、主治医のU先生の診察時。触診とバイオデックスの評価結果を診て一言。

『 定期検査ももうイイでしょう。
 良かったね。また何か不都合があったらいつでもおいで 』


…ぅぉぉぉありぁとおぐぉづぁいむぁぁす!
おさーになりあしたぁ!


そして、結果報告の為にI先生に再び会いに行く。

…先生、オイラァとうとう卒業ですだ!
ありがとうございます!
本当に、お世話になりますた!


.°.(ノ∀`).°.。

固く握手を交わして散会。

と、まぁ長かった経過観察も今日で一区切りが付いた!
本当に良かった!
なんか、感慨深くって、グッと来たよ。

術後、なかなか尿がでなくってカテーテル射したりとか。
両松葉杖で病棟を、汗だくになって歩いた日とか。
リハのマットの上で、ストレッチと筋トレに費やした入院の日々とか。
歩行訓練のために歩いた、屋外半地下のスペースとか。

たったの2週間チョットしか入院してなかった病院だけど
色んな人に出会って、痛い思いして、リハに励んだ日々を思い出した。

時間をかけて、リハをすれば。
必ず回復できる。
本当の事なんだと、力一杯、体で覚え込んだ一年でした。

次はオイラが目標にしていた、スキーの功績…つーか、大それた感じだけど

何かしら、自分が好きで始めたこの趣味の世界の中に

オイラ自身がいるという、その存在を

何らかの形で示したいから、それに対して頑張りたいと思う。


ただ、スキーは既にシーズンオフな訳で。
従って他の趣味の項目について少しずつでもこのblogにあげていければ
いいかなっと。


とりあえず今日はこの辺で。


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

そして神戸

まーた更新をサボっていたtetsuです。つか、あまりケガに関するネタも無いのでお恥ずかしい限り。

ひっさしぶりの更新です。

今日は神戸まで散歩に行ってきました。その理由はひと月程前にさかのぼるのですが…


それは、"ぼかりす"を使った初音ミクの楽曲投稿がニコニコ動画にあり、本当に人が歌っ

ているような、正に神がかった"調教"テクの曲でした。


ITmediaニュース(ねとらぼ)にも取り上げられ、一部で話題になったのです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/01/news103.html

これ一体なんぞ?
オイラァなんか、ワクワクしてきたぞってな調子でネット上で情報をあさっていたのさ。
その技術のホントの処を詳しく聴きたいなと思って、情報処理学会のSIGである、音楽情報科学研究会の報告会に足を運んだわけです、ハイ。

そのプログラムが此方 http://www.ipsj.or.jp/sigmus/SIG/sig200805program.html


主たる目的は最後のぼかりす(Vocalistener)なんですけど、折角行くのだから全部聴きましょ、と。

上述のニコ動コメントもさることながら、技術的な手法:音高の抽出手法とか計算処理とか色々と議論はあろうかと
思います。

が、技術的な考察は抜きにして、オイラはこう考えます。

オイラ自身はミク(Vocaloid2を始め、初代Vocaloidも)を操作し始めてまだまだ日は浅く、初心者ではありますし。
声色や歌唱の調整にはいつも苦労するのですが。

実際の人の歌い方を元に、パラメトリックな歌唱情報(ピッチベンドなど)を抽出し、合成する事が出来るツールと割り切って考えてみると、これはVocaloid自身の持つ表現の可能性のみならず、現実の歌い手さんについてもその表現方法を研究できる、一つの手段に成るのではないかと考えます。
歌い方の特徴とか、声色まで完全に真似てしまうと、それはそれでオリジナルに対する著作権などの問題が
出てくるでしょうけれども…

ツールである、と割り切れずとも、既存の歌い手さん・Vocaloid使い手さん達の創作活動に対して
アンチテーゼを投げかける様な物でも無く。むしろ創作活動と表現を広げる為の物になりうるのではないでしょうか。

オイラはこのVocalistenerについては肯定的に考えています。

ミクにはミクの特徴があり、ベタ打ちでもそこそこ良い感じに歌ってくれますが。
それだけじゃなく、もっと"ココロの琴線に触れられる"ような歌を、"こういう風にやれば"できるっていう、そんな指標を
与えてくれる物であれば、創作活動に悪い作用は働かないと思います。

学術的に、そして初音ミクを通じた音楽の創作について勉強が出来、ひっさしぶりに有意義な休暇(?)でありました。やっぱ無理して休暇(?)とって足を運んだ甲斐があったです!


すみません、長文でいまいちまとまりが悪いですね… 

ほんの趣味と気まぐれから始まったvocaloidの事から派生して、音楽の持つ情報について
真面目に研究してみると、これはこれで面白い鴨しれないねん。

と、研究会に入会しようかなとチョット心が揺れている。

頂いてきた報告予稿集をも一度見直して、もすこし勉強しましょと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

寂しいニュース (雑記とか)

気が付いたらオイラの右胸…肋骨にヒビが入ってた。

( ´Д`)寝返り打てず…痛い!

何故にこんなケガをしたのか、思い当たるフシがない!何故?なじぇ?だれか教えて?

あ・さて、そんな大したこと無いケガですけれども。
今日から土曜日まで出張で香港に行く事になりますた。

寝ぼけ眼で今朝方のニュースを聞いていた処…

-------- 引用ここから--------

現役引退表明の桑田、「難しい決断だった」
2008年3月27日 (木) 9:20 MAJOR.JP
http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=11129

【ブラデントン26日=Jenifer Langosch / MLB.com】ピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結び、開幕メジャー入りを目指していた桑田真澄投手。この日行われたデトロイト・タイガースとのオープン戦後に現役引退を正式に発表した。

 ここまでオープン戦5試合の登板で1失点と、好アピールを続けていた桑田。しかし、25人の開幕ロースター枠から外されることが決定し、自身のキャリアに終止符を打つことを決めた。そして、桑田は「難しい決断だった。だけど、僕自身の心が(引退の時期であると)語りかけてきた」と胸の内を語った。

 パイレーツのジョン・ラッセル監督はこの日、桑田のキャリア集大成となる登板を用意。だが、桑田は「(過去に)何千ものイニングを投げてきた。登板機会は若手に譲る」とこれを固辞。後進に自らの夢を託し、現役としての野球人生にピリオドを打った。

-------- 引用ここまで--------

オイラ自身、ケガから完全復帰してる訳ではないスが、地道に努力すれば必ず復活できるというのを
彼を通して教えてもらったと思います。
朝のNHKニュースにて数秒位のインタビューが流れていましたが、複雑そうな清々しい笑顔で語られて
いました。寂しい限りです。

それに比べてオイラと言ったら……………………………………

…軟弱 ort

引退後もどうか、頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

ダイビング再開

山へ行ったら今度は海だぁヽ(`Д´)/ てな調子でダイビングに行ってきました。


14ヶ月ぶりですよ、14ヶ月。

理想を言えばプール講習とかリハビリ(感覚を取り戻す為の)をやった後で…

スキーもとりあえず無難にこなせるようになったし、ダイビングはどうかな?と思って日帰りツアーに参加を
考えてたのですよ。

伊豆は土肥という所なのですが、この場所。オイラがダイビングの講習をいっちゃん始めに受けた場所で
よく覚えてるのです。
久しぶりの処でこの場所って言うのも、もしかしたら"初心にかえれ(゚Д゚)ゴルァ"という神様のお伝えかもしれん、
これも何かの運命かと思いまつ。

Tank
写真に写ってるのは潜水時の呼吸用タンクな訳で、中身は空気です。チョットだけ酸素が多いヤツなんですけど。

オイラは正直、無茶無茶ダイビングの経験がある訳もなく、ましてや14ヶ月のブランクでも良いの?みたいに
考えたのですが。
イザ潜って見た処、イントラ曰く"良い感じじゃない?もちっと呼吸に気をつけてね" のコメント。

それよりも、

セットアップで手間取って、海に入る前に既に汗だく。おまいは既に1本潜ってきたのかと小一時間問われそうになるわ。

潜水直後に(ポッケに入れていた)1kgのウェイトは落とすわ。

陸に上がる時にケガした方のフィンの取り外しにエライ苦労して、結局フィンを片方付けたまま陸に上がってそこで取り外し。

外し終わった時点で息が上がっている状態。 もうね。処置なし。

始めと終わりぐらいビシッと決めたかったけど、やっぱりgdgdなオイラ.°.(ノ∀`).°.。

でも無事に帰ってこれるし、大きな問題もなくこなせたから良かったかな。もう少しだけヒザの力が復活してくりゃ
もっと(よけいな)苦労せずに済むかもしれませんです。


本当の処、ダイビングかスキーかどちらを先に行くか?考えてたのですが。ダイビングを後にして良かったかも。
スキーの場合、万一失敗してもケガで済むかもしれないが、ダイビングの場合失敗したら死ぬ可能性がありますから。

もっともそンな事がないように訓練も講習も受けるわけですけど…万一ってのもあるしね。


体の自由が効くにこした事は無いです。今回はスキーで大きなヒザの運動に問題はなさそうだったのを身をもって確認できた
前提条件があったので、自分の現時点での運動能力が”まぁこんなものかな”と解っただけでも良いかと思いますです、てへへ。( ´∀`)


Gohan


これは帰りに立ち寄った定食屋さんでのアジフライ定食です。おいしかった~ ( ´ω`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

海の底まで

tetsuです。

更新も滞りがちな処ですが、明日は唐突ながら土肥の方へダイビングしに行ってきます。
ひっさしぶりなので、うまい事潜水できるか疑問ですけど…なんとかなるっしょ^^;)
結果は又、報告しますです。

春分の日を過ぎた事ですし、ブログのテーマについて少し柔軟に考えていきたいなと思ってます。
ケガからスキー復帰とか大それたテーマはあるのですが、それに限らず趣味の事を語っていければイイかなと思います。

というのは、ここ最近DTMと初音ミクさんに凝ってます。
オイラもなんか作ってみたいなという奇妙な使命感に萌え燃えてしまったわけで…
その成果物がこれ↓

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2748288

どうか生暖かい目で眺めてやってください ( /ω\ *)  

経緯とか苦労話とか、そんなのもブログに追加して行こうかなと思ってます。
明日は朝が早いのでもう寝る。照れ隠しではないでつ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

気になるヒザ

前回のエントリで独白してしまった、ヒザの違和感について

怖いながらも掛かり付けの整形外科のI先生に診てもらう事にした。

( ´Д`) 「どしたの、今日は?」

はぁ、チョット左ヒザに違和感が…(加療経緯と症状について説明)

( ´Д`) 「靱帯手術して8ヶ月、筋力回復度78%ってか。また切れるような事したのかね?

いやぁ…スキーで(2回ぐらい)ズッコケるとかしましたけど、ヒネる様な事はなかったですよ。

まさか切れてるって事はないですよね???
つか、内心おろそかで無いンすけど???

(;´Д`) 「コけるってアンタね…まぁそこに横になって」

と、掛かり付けの整形外科のI先生に、ヒザの違和感について触診してもらった。

       ヽ|/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||  |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ・・・・・・・・ゴクリ。
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |
   |    ̄ ̄ ̄    |

( ´Д`)うん、大丈夫だよ。ちゃんと(靱帯は)ついてる

。・゚・(ノ∀`)・゚・。


良かった…無事だったオイラの靱帯。


( ´Д`) 「スジを痛めたようだね。筋肉痛ってトコでしょ。しばらく派手な運動はシナイ事だね。
飛び跳ねるような事はしちゃ駄目だよ。ちゃんと足が床面についている様な運動ならイイよ。」


…スクワットとか大丈夫っすか?


( ´Д`)「うん。ただしレッグプレスは控えた方が良いかな」

…スキーは?
 

(#´∀`)「アレは足が地面についてないでしょ。 ダ~メ。 しばらく我慢しなさい

つか、しばしドクターストップかよ…まぁちょっとの間だけだから我慢しよう。
でも靱帯又切れてなくて良かった。


ホントに良かった。


とりあえず来週の日帰りツアーは自粛しとこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

復帰への滑り出し

Zenkei_2


え~ ^^); tetsuです。

3/2,9と、2週連続で 上越国際へ日帰りスキーしにいってきますた。

何で1週間も更新が遅れたかというと、実はデジカメ紛失事件がありまして
写真付きでのメモが書けなかったのです。

写真無くても更新できるだろって…いぢめないでくださいね。


では、2週まとめてのtetsuのゲレンデ復帰戦や如何に?


[1週目]
Sougu_2


こんな感じで、パンツの上から装具をつけて、万全を期していたのですが。
もしかしたら本当に滑れなくなってるかも…なんて思って、アネックス傍のリフトから
一路滑走コースを目指し、いよいよ復帰への第一滑走か!?


…でも、斜面を見て恐怖感がよみがえってきた。

((;゚Д゚))

何だろう?

去年ケガをした直後の、左ヒザに全く力が入らない奇妙な恐怖感。
何だか解らないけど、ヒザの激痛。
"ガックンガックン" した感覚…

全てが残っている様な錯覚に落ちて、少しだけ足がすくむ。

先ずはコースを確認して、"初心者"林間コースから慣らしてみよう!

つつつーー。 …

何とか滑れそうだ。 でも中級者コースの斜面に立つと…やっっぱ怖いよお.・゚(ノД`)゚・.

林間コースをさらに3本程こなした処で

 … 何だ。以外と左足の踏ん張りが効くじゃん! … 
 … もう少し、中級者コース往っても大丈夫じゃね? … 

 … 斜面は怖いけど、ココまで(治して)来たんだからどうにかなるだろ(`・ω・´)


3時間後。 
 
キャッキャッキャ ───φ ヾ( ゚∀゚)ノφ ────


と、中級コースを無邪気に滑りまくっているオイラであった。

正味4時間ぐらいですかね。滑り出しとしては良かった感じがします。


[2週目]


Yukidaruma

前回に引き続いて同じ上越国際なのですが。


何となく、何となく、ですよ。

手術した左ヒザに違和感を覚えていたのですよ。


あくまで、何となくですよ。


ちゃんと力も入るし、ヒザがガタつく感じもないのですし。
ハの字ボーゲンのあの踏ん張る格好でも、まったく問題もない様に思うんですけど。


何となく、気になる。

旨く言えないんですが、その…鈍痛って言うかなんて言うか。

まぁ装具も付けてる事だし、そう簡単に再断裂なんて羽目にはならんでしょー
と、タカをくくるというか。今までのリハビリとトレーニングの事を思い出して

 
U先生だって(スキー滑って)良いって言っただろ。
そう簡単に切れてたまるか。


そんな風に自己暗示をかけながら、また中級コースを滑ってきた。

ああ、また滑れるようになったんだ。
ちゃんとリハビリして、トレーニング積めば復帰できるんだ!


とか、独りで感動に浸りつつ…

gdgdな感じで滑ってますた w

1回目よりも少しだけ多めに、5時間も滑って結構疲れた。
だんだんヒザの違和感も気になり始めたので引き上げる事にしますた。


いやね、ホントにね。
きっとこれまでのリハビリやトレーニングではあまり経験していない


ヒザの横の動き

が急に来たモンだから、オイラのヒザもきっと悲鳴をあげてるんだろう。

ちょwwwwwまじwwwww限界かもwwwwwサーセンwwwwwwww


みたいに言ってる気がする。


あまりはしゃぎ過ぎて、調子こいて玉砕っっ♪ なんて事にならないように。

Kyuukei_2

程ほどにたしなむようにしましょう。


それにしてもヒザのこの感じ…やっぱ気になる。
明日にでもお医者さんに行ってみよう。


まさか…ね。


そしてtetsuは、予想もしなかった言葉を掛かり付け医から告げられる事になる! !


…なんて事はねーッスよ w


たぶん。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«そろそろ遊びに征ってこようか